『ガリレオの苦悩』 東野圭吾

ガリレオシリーズの短編集。この本から内海薫が登場。
「落下る(おちる)」のような独特の読み方は、『探偵ガレリオ』『予知夢』から継続されている。
どの作品もそれぞれ印象的だったが、「攪乱す(みだす)」のネットを使った予告のやり方は、古典的な手法を現代風アレンジしたものかな。

収録作品:「落下る(おちる)」「操縦る(あやつる)」「密室る(とじる)」「指標す(しめす)」「攪乱す(みだす)」





ガリレオの苦悩 (文春文庫)
文藝春秋
2011-10-07
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ガリレオの苦悩 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [東野圭吾] ガリレオシリーズ第4弾

    Excerpt: 東野圭吾、「ガリレオの苦悩」(文春文庫) ガリレオシリーズ第4弾、内海薫刑事登場。 この小説をTVドラマ化するに当たって、TVオリジナルで内海薫という刑事を登場させたが、のちに小説の方でも内海薫が登.. Weblog: 鞄に二冊 racked: 2011-12-11 04:16
  • ◎読書記録◎ 「ガリレオの苦悩」 東野圭吾

    Excerpt: 2010年の思い出 Weblog: The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから racked: 2012-02-25 23:36