『聖女の救済』 東野圭吾

ガリレオシリーズの長編。
犯人は冒頭から明らかになっているので(多分)、問題はどのように犯行が行われたかということになる。そして、草薙が被害者・真柴の妻である綾音に魅かれていることがポイント。うん、きっと。



(ネタバレ?かも)
「水遣り」については、かなりしつこく出てきていたので、引っかかっていた。





聖女の救済 (文春文庫)
文藝春秋
2012-04-10
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖女の救済 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック