『マドンナ・ヴェルデ』 海堂尊

『ジーン・ワルツ』に登場した、高齢の妊婦・山咲みどり視点の物語。
娘の理恵のため、代理出産を引き受けたみどりだったが、理恵は、みどりの想像を絶するような行動に出る。みどりは、次第に理恵と対立していく。

みどりが案外?理知的な性格で、曽根崎との文通(『医学の卵』!)が面白かった。
清川については、まああまり同情できないかも(笑)


忍ちゃんの将来も、どこかに書かれているのだろうか?




マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)
新潮社
2013-02-28
海堂 尊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック