『真夏の方程式』 東野圭吾

湯川博士のガリレオシリーズであるが、恭平少年の夏休みの物語とも言える。

柄崎恭平は、夏休みに玻璃ヶ浦の伯母の旅館・緑岩荘に滞在することになった。玻璃ヶ浦は、海底鉱物資源開発をめぐって揺れており、恭平の従姉の川畑成実は、反対運動をしている。
そんな時、緑岩荘に宿泊していた元刑事の塚原の遺体が発見される。



ネタバレかも:
   恭平少年の担った役割について、彼は当初は何も知らなかった訳であるから、その辺がやはり残酷に感じるかも。




真夏の方程式 (文春文庫)
文藝春秋
2013-05-10
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真夏の方程式 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック